雑記

競技プログラミングについての話題(?)

参加記

この記事はICT Advent Calendar 2017 3日目の記事として書かれています

早いもので一年も終わりです

というわけで、 JOI2016/17 本選の参加記を書きます(は?)
うろ覚えです



2016 12/11

コードを書きます

2016 12/15

通ります

2/11

最南端からの参加なので異常な時間に起床します

異常な時間に家を出発します

記憶が確かならこの時点ですでにスマホのバッテリーがヤバイ

空港で無限時間待つ間蟻本を読みます ここで読んだのが本番に出ました!といった運命的なことが起こりませんでした

空港で待ちます

昼前(11:10くらい?)にようやく羽田空港に着きます

父上がTokyo(ネイティヴ)に住んでいるので、5億年ぶりくらいに会います

くろこじがモノレールでこけてマジで腰が痛そうだった

父上がモバブを持っていたのであとで借りていくことになり I got a kotonaki.


多分秋葉原で多分カレーを食べます 混んでた

その辺にごちうさの何かがあったのでシャロの写真を撮って(撮らせて)らてまるた先生に送ります 
ガラスに微妙に反射して教授とぼくとくろこじの3人が写り込んでいたのがウケた

教授が講義で使う電子部品かなにかを買いに行ったので一旦自由行動になった 
行くところがなかったので秋葉原アニメイト(なんと本店ではない方)に他の人たちで行きます

書き忘れていましたがまだ父上は一緒にいます

オタクがアニメイトでTシャツを買っていた
ぼくもオタクだけど特に欲しいものがなかったのでスルーしました

多分1時半くらいに合流してつくばExpress(ネイティヴ)でつくばに向かいます ここで父上と別れます

父上からモバブ借りる予定だったのに普通に忘れて I could not get kotonaki.



なんかTXに乗っている途中でizrytくんも同じのに乗車している説が浮上します 実際います

さすがに同じ車両にはいなかったので到着まで諦め(隣の隣くらいだったみたいだけど)、座るをします

着きます

車両から降りて5歩くらいしか歩いていないのにizrytくんが補足してきます

izrytくんに「あの〜ぽきなわぽうせんの方でつか〜?w*1」などと話しかけられたので一緒に行きます

izrytくんと一瞬で別れます(待ち合わせがあったようなので)

このあたりで気がつくんですが、異常に寒い

さむ!w さむすぎてサムゲタンになった!w とか言いながら無限に歩いていると、ようやく会場が見えてきます

というのは罠で、正面にずっと見えていた建物が会場だと思っていたが本物は右にあった

なんか受付をします

割と早くついていたので結構スカスカだった

しばらく座るをします

しばらく座るをしていると久留米のゲドくんが控室入りしてきたのでくろこじがそこに行きます

その時間にくろこじからモバイルバッテリーを借りてやや充電をします(ありがとうありがとう)

さらに座るをしていると、元気よく挨拶しながら同じ人が二人入ってきた 何are1001と何869120なのかすぐにわかったため

えーなんか前方で強そうな人たちが話しているのをしばらく眺めます

16時前くらいに控室の下にあった本選会場に行きます

izrytくんが真後ろに着席します

本選はThinkPad情報が事前に流れていたため事前にThinkPadのキーボードを買って練習していた人がいたんですが、ThinkPadじゃなかったため
「えー、ThinkPadじゃないの、ぼくの○○円………………」
って声がすぐ後ろから聴こえてきてずっと笑っていた

あれがTozanさんですねと言われたのでTozanさんを遠くから眺めます

ぼーっとしてたらなんか唐突な感じでプラクティスが始まってめっちゃびびった

vimの設定ファイルをペっと書いて、最初の方の問題を解きます

えーなんかこの問題見覚えあるなあとか思っていたら、見たことがあったため あとはタイピングの感じとかに慣れていた

プラクティスの問題を爆速で終わらせてパワハラを振りまいて歩いていた中学生がizrytくんに絡んでいたのでバレないようにひっそりしていた

なんかプラクティスの時間がお気持ちより長くて(2時間?)暇を感じ始めたので後ろの方にいた人々と適当に話し始める

無限に写真を撮られるがみんなスルーしていたのでそういうものなのかな……って思いながらぼくもスルーした

なんか迷路くんからの意味不明リプライに気がついたので
「は?迷路どこだあの野郎」
とかヤクザみたいなこと言ったら隣の隣くらいに迷路くんがいたため(ごめんなさい)(すいません)(ほんとすいません)(ごめんなさい)

立つのが疲れたので席に戻って座るをします

なんか後ろの方で(確か)squareくんが「らずひるどさんどこですか?」みたいなことを話しているのが聞こえる
ぼくの方から行くべきかと逡巡していると向こうからやってきたため(救われたコミュ障の図)

ほんのり話したんですが、めっちゃ頭良さそうだった あとコミュ力がヤバイ 全然話せなくてごめんなさい

なんか唐突な感じでプラクティスが終了してビビります


確かこのあと講演会があったのですが、実質海から来たので船を漕ぎながら聴きます(すいません)


本選会場の隣くらいで夕食会が開かれます

数オリ本選に行っていた勢がここで合流してきた 服が赤い人がいたのでそれだけ誰かわかった

列で待機していると隣の身長高い人が急に「あれっ、もしかしてらずひるどさんですか?」と言い出します 違いますって言いかけたけど名前を見たらふぁぼん先輩だったため踏みとどまった

正直眠すぎて死にそうだったためあまり記憶がありませんが、後ろの方で久留米の二人とくろこじの4人で固まって食べるをします

急に自己紹介フェーズが始まっておりビビる

何も考えていなかったのでクソ適当なことを言っていたら自己紹介じゃなくて他己紹介になった(は?)

宿泊会場に移動すると言われたので移動します

なんか最後らへんに適当にバスに入ったら全然空いてなくて、適当に座ったら隣が迷路くんで†運命の再会†を果たした

迷路くんとボソボソ話しながらバスに揺られます

確かバスに乗っている最中にABCが始まり、人々がスマホコーディングをします

原始人なのでスマホが使えなく悲しい思いをした

着きます

風呂に入るため並びます

記憶障害なので夕飯を食べたことを忘れ、そういえば夕飯っていつ食べるんだ……?とか思いながら風呂に入ります

なんか後ろにあった浴槽にラグビー部か?みたいなガタイのいい人々が浸かっており、「今日どこか別の団体泊まってるの?」「なんとかオリンピックの人たちらしいけど」「めっちゃ頭いいらしいなガハハ」みたいな会話をしていてなんか怖かった(失礼)

風呂から上がって体を拭いていると、何か忘れ物があったらしく、それを持って困っている人がいます
手に持っているものをよく観ると人に配られる名札で、***(ここにizrytくんの本名が入る)と書かれていたので吹き出しそうになった

知り合いなので渡しておきますといって受けとり、階段を上がっている最中にすれ違ったので渡すをします

ロビーみたいなところでけもフレ上映会が始まります 正気か?となります 彼らは後に春合宿に行った

田舎だと思っていたのに、歩いて1分もしないところにコンビニがあるらしいことを知る つくばに裏切られた気分になる

明日問題解けなかった時のストレス発散のためにグミやチョコを大量に購入します 異常者なのでその日で食べます

早めに寝るために電気消して横になると、なんか異常に明るい気がして目を開ける 天井になんか緑の光源がある(最悪)

結局無限時間起きてしまう けもフレ上映会はまだやってた


2/12

無限に早い時間に起床します

めっちゃ睡眠時間短かったけど普段と違ってベッドで寝たのでいつもより快眠だったためまあよし

朝ごはんを食べに行きます 知っている人は全員すでに食べていた……

席が異常に混んでおり(それはそう)、普通に競プロerのみなさんと相席みたいな感じで食べたが、狭いテーブルに5人くらい集まって殺伐とした空気でもくもくと食べていたため怖かった

えーこの時もしかするとWA_TLEくんと同じ席にいた可能性がある

部屋に戻って準備と瞑想をします

そろそろ集合時間みたいな雰囲気が出てきたので出発しようとしたところ、izrytくんが物を紛失します 一緒に探します 見つかりませんでした

なんかすごい眠そうな雰囲気のロビーで待つをします

たまたま隣にもやしがいた

ぼく「ん?w も〜や〜し〜じゃ〜〜んw」
もやし「おっw らずひるどじゃ〜んw」

(彼との会話は以上です)

Azaikaを遠くから見つめます 気づかれずに終了します

バス乗るフェーズになり、バス待機列に並んでいたら赤い服の人がいたため少しだけ話します 普通にイケメンで面白かった

バスに乗ってからの記憶が一切ないため多分寝ています

着きます

座ります

なんか30分くらい待ちます

部分点をしっかり取る部分点をしっかり取ると念じながらぼーっとしてたら急にコンテストが開始します

vimの設定を書きながらとりあえず全部の問題に目を通します

1問目は遅延セグ木書くだけだったので(想定解は階差)やるだけじゃ〜んみたいな気持ちで書きます

慣れていてすぐ書けたため提出

WA(チーン)

おちついて問題を読み直します

解法はあってそうだということでデバッグをします

特にこれといって間違ってそうな部分はないけど書き方とかを変えて提出します

やっぱりWA

どうやらACが一つも出ていないことに気がつく(サンプルすら通っていないことで気がつくべきなんですが、実は2問目に提出していた)

この時点で1時間くらい経っていたので結構焦る

一旦放置して次に行こうと思い2問目の考察を始める

えーなんか頭が全然働かなかったため追加で購入しておいたグミを食べながら問題を睨む

なんか部分点すら取れそうもなくて人生終了みたいな気持ちになります

半分くらい経過したところで前の人が急に寝始めてビビります

これはさすがにまずいとなって1問目に戻る

制約を読み直していたらオーバーフローに気がついたため直すけど、それだと部分点すら取れないのはおかしくないかみたいな気持ちになる

やっぱりWA

えーしんどいしんどいとか言いながら落ち着くため瞑想を始めます

多分このあたりでyutaka1999さんとmaroonさんがマインスイーパーをはじめました

4時間数十分経ったくらいのところで提出画面に違和感を感じます

提出ミスに気づきます

しっかり1問目のフォームに提出したら数ケース落ちたもののしっかりACにケースがある、死ぬほど喜ぶ

すぐにバグをとってAC

その後2問目を急いで考察するもダメ、チーンといった気持ちになります

えー最南端に帰る上に翌日が試験なのでコンテスト終了直後に出発しなくてはならない状況だった(事前にそう伝えてある)

が、帰るので退室してもいいですかと聞くとダメだと言われ、マジ?となる

えー不安になってきたので教授と連絡が取りたいが、携帯すらないため焦ります

教授がすぐ外にいることを信じ、トイレに行くといって外に出ます 控えめに言って英断だった

教授がいたため話し、やはりもう出ないと危ないとのことだったので、会場の後ろの方にいた雰囲気が偉そうな人をえらんで事情を話し、出ることに成功します

TXで東京まで戻り、モノレール(???)でTwitterを見ていたところボーダーが205点では説が浮上しており辛そうな人が複数人いた

帰ります

普通に急いで帰ったのについたのが普通に10時前とかで沖縄……といった気持ちになった

後輩の皆さんがもし行く機会があるなら沖縄を持って会場に行きましょう

おわり


メモ

充電機は持っていきましょう(重要)

知り合いがいないとつらいです(つらいので)

慣れがないと変なミスをします できれば1年生の頃から出たほうがいいというorisano先輩の言葉は身にしみました……

問題解けなくてつらくなる時にグミかむとストレスがやや和らぎます

典型的なデータ構造は一瞬でかけるようにしておいた方が殴れる可能性があって救われるかも(???) それでも殴る前にしっかり考察しましょう




今度こそおわり

文字数が少ない気もするので気が向いたら追加で何か書くかも

書きましたが異常に関係のない話になったため分割して下の方にリンクを貼ります

luzhiled.hatenablog.com

*1:この文章は悪意を持って改変されています